facebookページはこちら!
「いいね」を押してね

成功事例

相続としての底地と委託管理

相続としての底地と委託管理

Sさんの不安

父が亡くなり、底地を相続したものの、これまで父が一人で管理していたため、これからどうしてよいかわかりません。地代の支払いもバラバラみたいで、測量が必要だ。と聞いたのですが、自分では何をすればよいのかわかりません。全てが不安です。

ワンポイント

まず、現状をしっかり把握することから始めましょう。
特に、地代の支払いに関しては金銭の授受でのトラブルがよく発生します。支払い期日・方法は一律にしたほうが良いですね。また、借地権者の方同士のトラブルを防ぐためにも、測量を実施し土地の面積(賃貸借面積)を確定させるなど、土地を整備・把握することも大切です。これらの作業を個人の方一人で行うのは、手間がかかりとても面倒です。

場合によってはこれらの管理業務を行なってくれるところに相談するのも1つの手段です。

解決に向けて

借地権者の方とお会いしたことさえなく、何から手をつけて良いのかわからなかったので、サンセイランディックさんに管理を委託しました。地代については支払い方を一括する手続きを借地権者さん1人1人と行ってくれました。今は測量作業に入っています。

また、次の相続のことも不安だったので、将来的な事も相談しています。借地権者さんの中で底地を購入したいという方がいらっしゃいました。私自身、中々借地権者さんとお話しにくいところでも、サンセイランディックさんに間に入っていただけるので借地権者さんとも良い関係を築きながらお話ができ、無事に売却もできました。その資金は次の相続に備えておきたいと思います。将来を見据えた上で、次の相続に備えて底地を売却もできています。

底地資産の全体がわかりやすくなったことで、将来の不安が減ってきました。

あなたのお悩みを具体的に相談する

あなたのお悩みを具体的に相談する